代表的な実験動物

ヒト化マウスワークショップ(International Workshop on Humanized Mice: IWHM)|ヒト化マウス

2000年代前半から、NOGマウス、BRGマウス、NSGマウスなどの新たな免疫不全マウスを用いたヒト化マウスの研究が報告されるようになりました。 これを受けて、2006年に第1回のヒト化マウスワークショップ(International Workshop on Humanized Mice: IWHM)が東京で故野村達次(前実中研所長)によって開催されました。 その後、2016年までに計5回のワークショップが開催され、新しい免疫不全マウスの開発とヒト化マウスへの応用について、世界各国の研究機関から数多くの研究が報告されています。

  開催日時 開催地 大会長
第1回 2006年10月 日本・東京 野村達次
第2回 2009年4月 オランダ・アムステルダム Dr. Kees Weijer
第3回 2011年6月 米国・ビッツバーグ Dr. Victor Garcia
第4回 2013年10月 韓国・ソウル Dr. Kim sung-joo
第5回 2016年1月 スイス・チューリッヒ Dr. Markus Manz
代表的な実験動物

PAGE TOP

Copyright © Central Institute for Experimental Animals