1. 研究所概要
  2. ご挨拶
  3. 役員紹介
  4. 業務・財務に関する資料
  5. 実中研
    ミュージアム

研究所概要

名 称 公益財団法人実験動物中央研究所
所在地 〒210-0821 神奈川県川崎市川崎区殿町3-25-12
目 的 高品質で均質かつ再現性のあるヒト化実験動物の開発と、実験動物を用いたヒトの病気の研究と解明を通じ、医療の発展と人々の健康・福祉の向上に貢献することを目指す
創設者・創設年月 野村 達次・1952年 5月
理事長 野村 龍太
所 長 秦  順一

ご挨拶

理事長 野村龍太
理事長 野村龍太

公益財団法人実験動物中央研究所は、1952年に設立された世界でも珍しい民間で独立した動物実験を基本とし、医療・医学に貢献することを目的とした研究所です。

世界最先端の実験動物の開発、事業化、それを支える無菌動物関連技術、モニタリング試験、病理検査、遺伝子改変、発生工学、画像解析等の技術は高い信頼を得ており、国内外の大学、研究機関、WHO,NIH,FDA,NIBSCをはじめとした世界の公的機関さらには企業とも連携しています。

WHOと共にポリオの撲滅、筋ジストロフィー治療法の確立、再生・細胞医療の安全性の確認法の確立、がんをはじめ多くの医薬品等の開発に大変重要な役割を演じ実績を上げてきています。他人のやらないことをやり、一つの仕事を始めたからには20‐30年かけてでも事業化し、世界標準のシステムとして世界の人類の健康に貢献することを目指しています。最先端の尖がった独自の研究を行い、世界中のトップの研究者、大学、企業、レギュラトリーエージェント等と連携し、がん、アルツハイマー病をはじめとした中枢神経系等の命に係わる病気、希少難病から身近なアレルギー疾患、少子高齢化解決の為の不妊治療技術の開発等現在の社会の抱える問題の解決に貢献するべく研究・開発活動を続けております。

一方で、独立研究所の宿命で自らの研究費を集めてくる必要があり、研究成果を事業化し企業にライセンスし、そこからのロイヤリティー収入を次の研究に投入していく仕組みを拡張していく必要があります。研究所でありながら研究のみならず事業化の為の開発活動、欧米・中国を中心としたライセンス先との共同での普及・拡販活動、コンサルティング等の事業的活動まで必要になります。このユニークなビジネスモデルこそ当研究所の神髄であり、研究成果が世の中に出て世界中の人々に使って頂き、人類の健康に貢献してこそ本当の意味での公益事業だと考えております。

我々実中研は常に危機感を持ち常識にとらわれず、本質を見失わず挑戦し続けてまいります。

是非とも皆様のご指導・ご支援・ご協力をお願い申し上げます。

公益財団法人実験動物中央研究所
理事長 野村龍太

所長 秦 順一
所長 秦 順一

公益財団法人 実験動物中央研究所(以下、実中研)では1952年の創設以来、医学・医療の研究に用いられる品質が一定で再現性の高い実験動物の作製とそれを用いた新しい動物実験法の開発に力を注ぎ世界のアカデミア機関と共同研究を進めてきました。一方、近年の創薬研究の現状をみると、候補物質から新薬として上市されるのは10%以下(FDAによる)であり、その間多くの研究資材や労力が費やされています。その原因は前臨床試験と臨床試験のPOC不一致であるといわれています。それは実験動物で得られる薬物動態、薬効、安全性評価に関するデータがヒトのそれと異なっているためです。これらに鑑み、実中研では実験動物をヒトに近づけるため、遺伝子改変技術を用いて多種のヒト化動物を作製してきました。また、それを用いてヒト疾患モデルを確立しており、その内幾つかはアカデミアでの病態解明研究のほか、創薬研究に用いられています。また、世界に先駈けて小型非ヒト霊長類であるマーモセットを実験動物化し、遺伝子改変にも成功しています。疾患モデル動物の病態解析については従来の病理学的解析のほか、MRI、CTなど非観血的な方法で明確にする方法を開発してきました。さらに、精神神経疾患モデル動物を中心に、その行動をデジタル化することよって24時間監視し、動物にストレスを掛けずに評価する方法を共同開発しております。これらによって、疾患の早期から病変の進行を詳細にすることが可能になります。

ヒト疾患と疾患モデルとの間には当然ながら大きな差があります。従って、疾患モデル動物を評価する場合、それらがヒト疾患のどの部分を外挿しているのか充分吟味し、研究に用いる必要があります。現在はヒト疾患のビッグデータの蓄積により、初期病変からその病態がかなり明確になってきました。それらの情報をも活用し、疾患モデル動物の更なる改良と開発を行う必要があります。

実中研の創設者の故野村達次博士は「In vivo実験医学」という概念を提唱しました。その精神を受け継ぎ、再現性のある動物を用いた動物実験によって医学・医療の発展に少しでも貢献できるよう努力したいと思います。

公益財団法人実験動物中央研究所
所長 秦 順一

役員紹介

理事

理事長 野村 龍太
所 長 秦  順一
副所長 伊藤  守
理 事 鍵山 直子
理 事 河相 光彦
理 事 高倉  彰
理 事 中畑 龍俊
理 事 山﨑 達美
監 事 遠藤  了
監 事 石山 安紀夫

評議員

永田  宏
西村  紀
山崎 宣典
建部 幸夫
小柳 義夫

研究アドバイザリー委員

委員長 垣生 園子
委 員 洪 実
委 員 中釜  斉
委 員 御子柴 克彦
委 員 水野 美邦
委 員 山崎 達美
委 員 山本 一彦

業務・財務に関する資料

定款

事業報告および事業計画等

  事業計画 収支予算 事業報告 財務諸表
第63期(2019年4月1日~2020年3月31日)
第62期(平成30年4月1日~平成31年3月31日)
  事業計画 収支予算 事業報告 財務諸表
第61期(平成29年4月1日~平成30年3月31日)
第60期(平成28年4月1日~平成29年3月31日)
第59期(平成27年4月1日~平成28年3月31日)
第58期(平成26年4月1日~平成27年3月31日)
第57期(平成25年4月1日~平成26年3月31日)
第56期(平成24年4月1日~平成25年3月31日)
第55期(平成23年4月1日~平成24年3月31日)
第54期(平成22年4月1日~平成23年3月31日)
第53期(平成21年4月1日~平成22年3月31日)
第52期(平成20年4月1日~平成21年3月31日)
第51期(平成19年4月1日~平成20年3月31日)
第50期(平成18年4月1日~平成19年3月31日)
第49期(平成17年4月1日~平成18年3月31日)

規定

組織図・委員会図

実中研ミュージアム

実中研ミュージアムでは実中研の約70年間の道のりを、実際にあった興味深いエピソードを交えながら紹介していきます。

PAGE TOP

Copyright © Central Institute for Experimental Animals