マーモセット医学生物学研究部

疾患モデル研究室

病気のメカニズム解明や新薬・新規治療法の評価のために、ヒトの病気を再現する疾患モデル動物が大きな役割を果たしています。コモンマーモセットは、マウスやラットなどのげっ歯類の実験動物とヒトとの間を埋める霊長類の実験動物として有用性が認められています。私たちは、このコモンマーモセットによるヒト疾患モデルの応用を目的として、病態モデル作出や獣医学的ケアについての研究開発を進めています。

疾患モデル研究室画像

マーモセットを実験に使用する際には、動物にとってより良い飼育環境を提供し、病気の予防・治療や処置の際の麻酔・鎮痛など適切なケアを施さなくてはなりません。私たちは、疾患モデル研究と並行して、研究目的で飼育されるマーモセットのwell-being向上のため、飼育方法の改善や獣医学的ケアについての研究開発を進めています。

※代表的な研究論文
  1. Survey and Experimental Infection of Enteropathogenic Escherichia coli in Common Marmosets (Callithrix jacchus).
    Hayashimoto N, Inoue T, Morita H, Yasuda M, Ueno M, Kawai K, Itoh T. PLoS One. 2016 Aug 8;11(8):e0160116.
  2. Simultaneous pharmacokinetics evaluation of human cytochrome P450 probes, caffeine, warfarin, omeprazole, metoprolol and midazolam, in common marmosets (Callithrix jacchus).
    Uehara S, Inoue T, Utoh M, Toda A, Shimizu M, Uno Y, Sasaki E, Yamazaki H.
    Xenobiotica. 2016;46(2):163-8.
  3. Pentatrichomonas hominis in laboratory-bred common marmosets.
    Inoue T, Hayashimoto N, Yasuda M, Sasaki E, Itoh T.
    Exp Anim. 2015;64(4):363-8.
  4. Preclinical Study of Novel Gene Silencer Pyrrole-Imidazole Polyamide Targeting Human TGF-β1 Promoter for Hypertrophic Scars in a Common Marmoset Primate Model.
    Igarashi J, Fukuda N, Inoue T, Nakai S, Saito K, Fujiwara K, Matsuda H, Ueno T, Matsumoto Y, Watanabe T, Nagase H, Bando T, Sugiyama H, Itoh T, Soma M.
    PLoS One. 2015 May 4;10(5):e0125295.
  5. L-DOPA-induced behavioral sensitization of motor activity in the MPTP-treated common marmoset as a Parkinson's disease model.
    Ando K, Inoue T, Itoh T.
    Pharmacol Biochem Behav. 2014 Dec;127:62-9.

PAGE TOP

Copyright © Central Institute for Experimental Animals