動物資源技術センター

飼育技術開発室

臨床予測性と再現性の高いin vivo評価モデルを提供し、その飼育・管理技術を普及させ、これら技術基盤を活用した委託研究を行っています。 重度の免疫不全NOGマウスに代表されるマウスのリソースは国内外の拠点でグローバルに生産されており、系統保存と更新種動物の供給担っています。また、NOGマウスおよび次世代NOGマウスの飼育環境および実験環境の改善に関するコンサルテーションにも応じています。

無菌動物実験開発室

1960年代から培ってきた無菌・ノトバイオート動物の飼育・管理技術をベースに、腸内細菌叢を改変したマウスを作製することができます。マイクロバイオーム動物実験のための実験技術や飼育設備の開発にも取り組んでおり、これらの技術を受託研究として提供しています。また、無菌・ノトバイオート動物関連技術のコンサルテーションや教育研修を行っています。

【業務内容】

  1. マウス、ラットの飼育管理の技術開発
  2. 保有するマウス近交系統の維持、保管、供給
  3. 各種モデルマウスの生理学的データの収集と性能評価
  4. 重度免疫不全マウスの飼育管理に関する教育訓練
  5. 無菌およびノトバイオートマウス関連技術の教育訓練
  6. マイクロバイオーム動物実験のための実験・飼育管理技術の開発
  7. 無菌およびノトバイオートマウス系統の分布
  8. 無菌およびノトバイオートマウス動物の技術提供と共同研究

器具機材開発室で開発されたビニールアイソレーター関連機材、アイソラック(ジックラック)、また、マーモセット飼育装置については、株式会社ジックに生産販売を移管しております。下記URLをご参照ください。

株式会社ジック
※代表的な研究論文
  1. Creation of an experimental rearing environment for microbiome animal research using an individually ventilated cage system and bioBUBBLE enclosure.
    Ka Y, Ogura T, Tomiyama K, Ueno M, Nozu R, Tsuruzono N, Nozawa Y, Hamano M, Takakura A, Takahashi R.
    Exp Anim. 2021 May 13;70(2):177-184.
  2. Characterization of hiPSC-Derived Muscle Progenitors Reveals Distinctive Markers for Myogenic Cell Purification Toward Cell Therapy.
    Nalbandian M, Zhao M, Sasaki-Honda M, Jonouchi T, Lucena-Cacace A, Mizusawa T, Yasuda M, Yoshida Y, Hotta A, Sakurai H.
    Stem Cell Reports. 2021 Apr 13;16(4):883-898.
  3. Improved engraftment of human peripheral blood mononuclear cells in NOG MHC double knockout mice generated using CRISPR/Cas9
    Ka Y, Katano I, Nishinaka E, Welcker J, Mochizuki M, Kawai K, Goto M, Tomiyama K, Ogura T, Yamamoto T, Ito M, Ito R, Takahashi R.
    Immunol Lett. 2021 Jan;229:55-61.
  4. Study on AAV-mediated gene therapy for diabetes in humanized liver mouse to predict efficacy in humans.
    Hashimoto H, Mizushima T, Ogura T, Kagawa T, Tomiyama K, Takahashi R, Yagoto M, Kawai K, Chijiwa T, Nakamura M, Suemizu H.
    Biochem Biophys Res Commun. 2016 Sep 23;478(3):1254-60.
  5. Predominant development of mature and functional human NK cells in a novel human IL-2-producing transgenic NOG mouse.
    Katano I, Takahashi T, Ito R, Kamisako T, Mizusawa T, Ka Y, Ogura T, Suemizu H, Kawakami Y, Ito M.
    J Immunol. 2015 Apr 1;194(7):3513-25.
  6. NOD-Rag2null IL-2Rγnull mice: an alternative to NOG mice for generation of humanized mice.
    Katano I, Ito R, Kamisako T, Eto T, Ogura T, Kawai K, Suemizu H, Takahashi T, Kawakami Y, Ito M.
    Exp Anim. 2014;63(3):321-30.
  7. A versatile technique for the in vivo imaging of human tumor xenografts using near-infrared fluorochrome-conjugated macromolecule probes.
    Suemizu H, Kawai K, Higuchi Y, Hashimoto H, Ogura T, Itoh T, Sasaki E, Nakamura M.
    PLoS One. 2013 Dec 17;8(12):e82708.
  8. Establishment of a human allergy model using human IL-3/GM-CSF-transgenic NOG mice.
    Ito R, Takahashi T, Katano I, Kawai K, Kamisako T, Ogura T, Ida-Tanaka M, Suemizu H, Nunomura S, Ra C, Mori A, Aiso S, Ito M.
    J Immunol. 2013 Sep 15;191(6):2890-9.

PAGE TOP

Copyright © Central Institute for Experimental Animals