教育研修プログラム

「動物実験」から「In vivo実験医学」へ!!

近年の生命科学の目覚ましい進歩は、動物実験にも大きな変革をもたらし、「In vivo実験医学」という新しい概念を創成しました。 このIn vivo実験医学という言葉は、実中研の創始者である野村達次博士によって、2007年に提唱されました。 その意味するところは、「遺伝子組換え技術を含む先端技術を駆使して、研究目的に即した高品質の疾患モデル動物を開発し、高度な動物実験技術により、 ヒト疾患の病態解明、治療法の開発を行う動物実験システム」と定義づけることができます。 これまでの「動物実験」という言葉を単に言い換えたものではなく、進化した実験動物と関連分野の最新技術を機能的に組み合せて医学・医療の発展を目指す新しい動物実験システムです。 このような考え方に基づき、以下の教育研修プログラムを立ち上げました。

教育研修プログラムの内容

実中研では創設以来、長年にわたって培ってきた技術と知識に加えて、この「In vivo実験医学」という新しい概念を基盤にした有償の教育研修プログラムを実施しています。 プログラムは、これから実験動物の取扱いを学ぼうとする初心者を対象とした基礎教育コースと、すでに実践経験を有する技術者がさらに上級の専門知識と高度な技術を学ぶアドバンスドコースが設定されています。 研修期間は毎月一回の講義を年間を通して総合的に学ぶコースのほかに、数日間で集中的に学ぶコースなどがあり、希望のコースを選択できます。 詳細はホームページ【https://www.ciea.or.jp】からメール【edu@ciea.or.jp】でお問合せください。

  1. 基礎教育研修コース
    総合研修コース(旧AETセミナー) 毎月1回4時間の講義と2回のマウス取扱い実技講習を1年間実施して、実験動物学と動物実験を総合的に学ぶコースです。(カリキュラム1を参照)

    受講料:50,000円(税別)/人
    総合研修コース(旧AETセミナー)
    短期研修コース(講義) 実験動物学と動物実験の基礎全般を1〜3日間で集中的に学ぶコースです。 これから実験動物の飼育管理や動物実験に携わる技術者が必要な最低限の知識を学ぶことを目的としています。(カリキュラム2を参照)
    なお、カリキュラム内容は必要に応じて希望の項目を選択することができます。

    受講料:20,000円(税別)/日/人

    短期研修コース(講義)
  2. 技術研修コース
    基本技術研修コース これから実験動物の飼育管理に携わる技術者にとって必須となる基本技術を修得するコースです。(研修内容1を参照)
    • (1)マウスの飼育管理の基本技術
    • (2)動物実験の基本手技

    受講料:10,000円(税別)/日/人 + 材料費実費

    基本技術研修コース
    高度専門技術研修コース すでに実験動物の取扱いや動物実験の経験を有する技術者を対象にした、先進的な高度専門技術の修得を目的としたアドバンスドコースです。(研修内容2を参照)
    • (1)SPFマウス・ラットの飼育管理
    • (2)免疫不全マウスの飼育管理
    • (3)無菌マウスの飼育管理
    • (4)マウス・ラットの育種繁殖
    • (5)生殖工学技術
    • (6)発生工学技術
    • (7)遺伝モニタリング
    • (8)微生物モニタリング

    受講料:10,000円(税別)/日/人 + 材料費実費

    高度専門実技研修コース

実技研修会の開催

実中研が、研究や業務のなかで日々実践している技術の実際を学ぶ、初心者を対象にした研修会です。それぞれ定員を設定し、定期的に年に1〜2回開催します。 参加者はホームページ(HP【https://www.ciea.or.jp】,メール【edu@ciea.or.jp】)等を通じて募集します。

  1. (1)無菌マウスの飼育管理技術(2日間)
  2. (2)マウスの生殖工学技術(2日間)
  3. (3)コモンマーモセットの取扱い技術(1日間)

インターンシップの受け入れ

実中研の活動を通して、実験動物と動物実験の必要性と重要性を正しく学んでいただくことを目的に、大学・専門学校などからのインターンシップを受入れています。

内容 時期は8〜9月、受入期間は1週間(月〜金曜日・5日間)を基本としています。受入形態は「セミナー・見学型」です。
費用 インターンシップに関わる諸経費は無料で、無報酬です。交通費、宿泊費、食費等は参加者の個人負担です。
申込 所属機関を通して、所のホームページからメール【edu@ciea.or.jp】でお申込みください。 日程等はあらためてご相談させていただきます。
お問合せ ホームページからメール【edu@ciea.or.jp】でお問合わせください。

※なお、この受け入れは卒業後の採用につながるものではありません。

PAGE TOP

Copyright © Central Institute for Experimental Animals