高度専門実技研修(アドバンスド)コース(研修内容2)

実習は各コースとも必要に応じてご希望の項目を選択することができます。

免疫不全マウスの飼育管理(1〜数日間)

講義 易感染性を示す免疫不全マウスの特性とその利用
実習 高度クリーン環境の維持とその飼育管理
  1. (1)免疫不全マウスの飼育管理
  2. (2)消毒・滅菌の操作と作業動線管理
  3. (3)動物の搬入、検収、順化、観察
  4. (4)高度クリーン飼育装置の設定と運用
  5. (5)微生物検査用モニター動物とサンプリング

無菌マウスの飼育管理(1〜数日間)

講義 無菌動物の歴史とその利用
実習 無菌マウスの飼育管理
  1. (1)ビニールアイソレータ(VI)の組立てと滅菌
  2. (2)飼育管理器材の滅菌とVI内への器材搬入
  3. (3)動物のVIへの搬入
  4. (4)日常の飼育管理
  5. (5)無菌検査用サンプルの採取と無菌検査、培養と判定

マウスの育種繁殖(1〜数日間)

講義 マウスの育種繁殖
実習 系統維持、小規模生産と計画生産
  1. (1)遺伝的制御と系統の維持方法
  2. (2)遺伝的背景の変換による新しい系統育成
  3. (3)系統維持と系統選抜
  4. (4)小規模生産
  5. (5)計画生産方式

生殖工学技術(1〜数日間)

講義 生殖工学実験システムとその利用
実習 生殖工学の基本技術
  1. (1)卵子・精子の採卵
  2. (2)体外受精
  3. (3)胚・精子の凍結保存
  4. (4)胚培養・胚移植

発生工学技術(1〜数日間)

講義 発生工学実験システムとその利用(遺伝子組換えマウスの作成)
実習 発生工学技術の基本技術
  1. (1)卵子・胚の採卵
  2. (2)マイクロマニピュレーター 操作
  3. (3)遺伝子組換え技術
  4. (4)胚培養・胚移植

遺伝モニタリング(1〜数日間)

講義 実験動物の遺伝と遺伝モニタリング
実習 育種繁殖と遺伝検査および遺伝モニタリング
  1. (1)マウスにおける遺伝検査
  2. (2)マイクロサテライトマーカー検査法
  3. (3)遺伝モニタリング法

微生物モニタリング(1〜数日間)

講義 実験動物の感染症と微生物モニタリング
実習 異常動物の発見と微生物検査および微生物モニタリング
  1. (1)異常動物(感染症)の発見と対応
  2. (2)微生物モニタリング(検査項目、検査方法、検査頻度の選択)

PAGE TOP

Copyright © Central Institute for Experimental Animals